2015年11月14日

タイムシート次期バージョンの機能

次回のアップデートに向けて現在機能開発・修正をおこなっております。
その機能を一部紹介します。(開発中の画面のため、実際のリリースとは画面・機能が異なる場合があります)

1.入力したデータがいつだったか、ちゃんと入力されているか
確認するための画面を作成しました。


Simulator Screen Shot 2015.11.14 22.12.46.png


この画面はアプリに保存されているすべての勤怠のデータを表示します。


2.年月を指定してジャンプ機能


Simulator Screen Shot 2015.11.14 22.14.00.png
月に移動するときに、1ヶ月単位でしか移動できなかったので 年月を指定してジャンプできるようにしました。

3.PDFに、「就業日数」と「追加項目」を追加しました。


Simulator Screen Shot 2015.11.14 22.16.20.png
これは、「就業日数」と「追加項目」を描画します。
「追加項目」に関しては、交通費や手当など入力して使用します。
画像は交通費を入力してます。
これらも表示・非表示が選択できます。

4.PDF内で複数の期間を指定することができるようになりました。


Simulator Screen Shot 2015.11.14 22.16.29.png
複数枚同時に表示できるようになりました。


5.日々の収支の記録ができるようになりました。


Simulator Screen Shot 2015.11.14 22.20.36.png
インセンティブなどの収入・支出を記録ができるようになりました。
収支のメモ的に使用できます。

6.グラフ表示画面を作成しました。


Simulator Screen Shot 2015.11.14 22.22.39.png
Simulator Screen Shot 2015.11.14 22.22.49.png
就業時間、収入、支出それぞれの円グラフを表示できるようになりました。
収支に関しては、カテゴリ別で表示されます。
posted by masa at 22:33| Comment(5) | アプリのアップデート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。