2015年12月05日

日頃お世話になっているオープンソース: MJPopupViewController

とてもお世話になっている、オープンソースを紹介します。

MJPopupViewController

アラートビューなどをカスタマイズしたいなーというときに 簡単でかつカッコよく表示してくれます。
Storyboardで作れるのでとても作業がはかどります。
アプリ開発するときに毎回使用しています。

こんな感じでStoryboardで作成してみると
スクリーンショット 2015-12-05 14.03.24.png

アプリの動作はこんな感じになります。
gif2.gif
UIViewControllerのカテゴリで作成しているので 呼び出し方も簡単
----------------------------
// ViewControllerの取得
let vc = PDFSelectDateViewController.getViewController()
self.presentPopupViewController(vc, animationType: MJPopupViewAnimationSlideBottomBottom)
-----------------------------
たったこれだけで、アニメーションを伴って表示してくれます。

下記のものはMJPopupViewControllerで作成してます。
gif3.gif gif1.gif gif5.gif

参考までに「タイムシート」アプリで結構使用してます。

posted by masa at 14:35| Comment(0) | IPhoneアプリ開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。