2016年11月26日

アプリ開発依存症

どうも自分はアプリ開発依存症なのかもしれない。

アプリを開発するときは、今まで培った技術や経験をすべて
注いで、それなりに時間を使って(基本的に毎日)開発している。

そしてそのアプリには、もしかしたらすごくダウンロードされるの
でないかという希望と、致命的なバグがあり、ユーザー様から
レビューなどで袋叩きにあうんではないかという強烈な不安の中

アプリをリリースするのだ。

そんなアプリが、想像以上にダウンロードされた時や、嬉しいレビュー
をいただいた時の嬉しさ。

これがやめられないくて続けているのかもしれない。

これをアプリ開発依存症と呼ぼう。
posted by masa at 11:04| Comment(0) | 個人アプリ開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: